名称
株式会社トゥー・ユー・アソシエイツ
所在地
Map

地図をクリックすると拡大されます。

東京都品川区大崎4-2.13NK五反田コータース402
phone 03-3494-6603 / fax 03-5435-2115
設立
1998年(平成10年)5月11日
代表取締役
藤田康朗
資本金
1000万円
社員数
2名
主な取引先
株式会社電通
株式会社電通テック
株式会社電通パブリックリレーションズ
株式会社商店建築社
株式会社リクルート
ぴあデジタルコミュニケーションズ株式会社
株式会社リビングデザインセンター
財団法人CG-ARTS協会
トーヨーキッチン&リビング株式会社
凸版印刷株式会社
株式会社ワールドフォトプレス
AGC株式会社
AGCグラスプロダクツ株式会社
株式会社日本経済社 他
取引銀行
三井住友銀行    渋谷支店
城南信用金庫     神宮前支店

代表取締役      藤田康朗
エディター。
1963年東京都生まれ。
東京造形大学造形学部デザイン科卒業。
フリーランスのエディターを経て、1998年株式会社トゥー・ユー・アソシエイツ設立。
建築・デザイン・アートを主分野に、建設設備メーカー、建材メーカー、各種団体等のPRツールを企画制作。
その制作によって培った専門知識を活かして、建築デザイン専門誌等に原稿も執筆。

主な執筆原稿

  • 「店づくりに使える新エネルギーと省エネルギーシステム」(商店建築2000年8月号)
  • 「ペットショップP2 ドッグ&キャット」インタビュー:福山秀親(商店建築2001年4月号)
  • 「空間デザインとライティングデザイナー」(商店建築2001年6月号)
  • 「NEW TOKYO LIFE STYLE ROPPONGI THINK ZONE”」
    インタビュー:吉岡徳仁(I'm home2002年spring)
  • 「クライアントとの対話から生まれるプロダクト、ファニチュア、そして住宅」
    インタビュー:THOMAS SANDELL(I'm home2002年spring)
  • 「ニューアジアにおける日本発デザインの可能性」対談:杉本貴志×面出薫(商店建築2002年6月号)
  • 「パシフィック・リムのデザインビジネス」対談:棚町弘×牛建務(商店建築2002年6月号)
  • 「ホテルという生活空間」インタビュー:片山正通(I'm home2002年 summer)
  • 「日常と非日常の間をつなぐデザイン・プラクティス」
    インタビュー:SYBARITE(I'm home2002年 autumn)
  • 「今しかできないもの、自分にしかできないもの、それこそがデザインだ!」
    インタビュー:黒川勉(I'm home2002年winter)
  • 「店舗集中講義録」:講師大橋正明、川村幸雄、清水公一
    (連載:商店建築2002年9月号〜2003年6月号)
  • 「ジャパニーズ・ミニマルの家」
    インタビュー:橋本夕紀夫(I'm home2003年spring)
  • 「デザインというのは、今まで以上に人生を楽しむためのもの」
    インタビュー:RICHARD HUTTEN(I'm home2003年spring)
  • 「幸福であるためには、そんなに多くのモノは必要ないんだよ」
    インタビュー:JOHN PAWSON(I'm home2003年spring)
  • 「人間の欲望に応えられるオブジェをつくり出すこと。それがデザイナーの使命」
    インタビュー: CHRISTOPHE PILLET(I'm home2003年spring)
  • 「CONSEPTUAL Structure 家づくりの基本。構造の可能性」(I'm home2003年summer)
  • 「僕たちがつくりたいのはプリミティブな感覚に訴える住宅だ!」
    対談:池田昌弘×米田明(I'm home2003年summer)
  • 「今までにない新しいこと”を生み出す、構造的視点」
    インタビュー:池田昌弘(I'm home2003年summer)
  • 「N-HOUSEー木造ハイブリッドが可能にした、立体構成の家」(I'm home2003年summer)
  • 「C-HOUSEー無柱空間としてしつらえた全長14mのリビングスペース」(I'm home2003年summer)
  • 「D-HOUSEー木造とRC、そしてS。混構造が生み出す空間のコントラスト」
    (I'm home2003年summer)
  • 「現代に即した住宅を創出する空間性と効率性の両立」Allan Burden(I'm home2003年summer)
  • 「T-HOUSEーSE構法が実現する、柱と梁を基調としたフレキシブル建築」
    インタビュー:橋本夕紀夫(I'm home2003年summer)
  • 「照明メーカー6社によるケーススタディ9題」(商店建築2003年9月号)
  • 「ライティングデザイナーのネクスト・ステップ」
    鼎談:武石正宣、内木弘志、山口晋司(商店建築2003年9月号)
  • 「照明デザインの領域」(商店建築2003年9月号)
  • 「写真は見るものと同時に、触れるものでもある」
    インタビュー:Antonie Poupel(I'm home2003年winter)
  • 「賑わいを再構築する都市開発/丸の内・日本橋周辺に登場する大型商業プロジェクト」
    (商店建築2004年3月号)
  • 「ディメンションを超越したデザインがつくる新しい暮らし」
    インタビュー:伊藤節×伊藤志信(I'm home2004年spring)
  • 「HOTEL Claskaリアルな東京を体現する オフラインスペース」(I'm home2004年spring)
  • 「オフィス空間のデザインアプローチ」(商店建築2004年12月号)
  • 「デザインとカルチャーの生きる駅づくり〜中之島新線デザインコンペ」
    インタビュー:黒崎輝男(viewer2005年4月)
  • 「風俗飲食店作りの知識と仕事の進め方」(商店建築2005年5月号)
  • 「オフィス家具メーカーに聞く最新オフィス・デザイン事情」(商店建築2005年10月号)
  • 「オフィスとグリーンの幸せな関係」(indoor green style2005年11月)
  • 「照明デザイナーにきく・店舗照明のトレンド」インタビュー:武石正宣(商店建築2006年3月号)
  • 「都市計画“遊休地”利用の新ビジネスモデルに見る、日本型商業施設の未来型」
    (商店建築2006年6月号)
  • 「“仮設的店舗”が広げる空間デザインの可能性」(商店建築2007年4月号)
  • 「セレクトショップとしてのメディカル・コンプレックス」(商店建築2007年5月号)
  • 「五感を刺激するビュッフェレストランのつくり方」(商店建築2007年8月号)
  • 「PMという仕事」(商店建築2007年10月号)
  • 「変わるオフィス/求められるグリーン」(URBAN GREEN2007年12月)
  • 「時代を超えるコミュニュケーションとしての建築」
    インタビュー:新藤力(商店建築2008年6月号)
  • 「ルールを読み取り、ルールを重ねる」インタビュー:添田貴之(商店建築2008年6月号)
  • 「存在する魅力と対峙し、現代性を挿入する」インタビュー:柿谷耕司(商店建築2008年6月号)
  • 「ライティングデザイナーの役割」インタビュー・面出薫(LIGHTING+2008年6月)
  • 「銀行と個人顧客との新たな関係を生み出す新スペースープライベート・バンキング・オフィス」
    (Field2008年夏号)
  • 「差別化次代の調剤薬局デザイン」インタビュー:秋田憲二(Field2008年夏号)
  • 「地域に機能する調剤薬局デザイン」インタビュー:藤原敬介(Field2008年秋号)
  • 「お客様とスタッフ双方に配慮した癒し空間」インタビュー:長沼和宏+澤田淳(Field2008年冬号)
  • 「LED照明各社のいまとこれから」(商店建築2009年9月号)
  • 「アンティークアイテムでつくる世界観」
    齋藤博和・高木一也・中村ヒロキ・嶋本喜司(商店建築2010年7月号)
  • 「広告を超える、飽きないデジタルコンテンツの考え方」
    :中村勇吾+齋藤良博+一戸晋(商店建築2011年1月号)
  • 「あえて単色&低精細のLEDディスプレイで見せる映像演出」
    :廣村正彰+米谷ひろし+中村勇吾(商店建築2011年1月号)
  • 「多ジャンルのクリエイターとつなぎ役が生み出すシームレス映像」
    :伊東俊治+中原崇志+佐々木成明+金築浩史(商店建築2011年1月号)
  • 「これからの商空間づくりに求められる複数的ストーリーと設定する力」
    :三浦展×中村貞裕×永山祐子(商店建築2011年11月号)
  • 「新世代型ドミトリー設計ガイド」(商店建築2013年8月号)
  • 「写真で振り返る商空間60年」(商店建築2015年1月号)
  • 「写真で振り返る商空間」60年(商店建築2015年9月号)
  • 「写真で振り返る商空間」60年(商店建築2015年10月)
  • 「海外での多店舗展開を支えるチームづくりとその空間デザイン」
    :塩見一郎×宍倉麻衣(商店建築2015年10月)
  • 「独立した先に広がる世界」:藤井文彦×座間望×原田圭(商店建築2017年1月号)
  • 「パーティー需要と不動産活用を掛け合わせる貸し切り空間」
    :遠藤幸一郎(商店建築2017年1月号)
  • 「活躍の場を海外拡げる組織設計事務所」:ギャルド・NORD・丹青社(商店建築2018年4月号)